忍者ブログ
70%主婦x20%料理教室講師のタマゴx10%ファーマー そんな みっこの進化系ブログです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


IMG_1981.jpg
夏休み以降、夜更かししがちになった娘・・・
睡眠時間を削っても好きなことはやっていたい。


「そんな事してたら、インフルエンザにかかちゃうよ!」と予言!?したら

ほんとに昨日、熱発した。

只今、学校でインフルエンザ流行中。

学校の保健の先生からお電話があり、昼食時から38度7分の熱がでているので、すぐ迎えに来るようにとのこと。


すぐ迎えに行って、そのまま帰り、念入りな手洗いと塩番茶でのうがいをさせ、休ませた。

お昼に梅干のおむすびを1個食べるのがやっとだったらしいけれど、家に帰って安心したのか、
「おなかがすいた~」と言い出した。

それで、林檎2分の1個を回し切りして上から塩してウォーターソテーし、透明感が出てきたところで、水溶きの本葛粉を足して15分ほど練って、食べさせた。

おなかがホッとするといって喜んで食べた。
(葛粉はすぐれもの。なんせ漢方薬の葛根湯の原料になっているくらい、昔から重用されてきているもの。
体が発熱してウイルスやばい菌をやっつけようとする時に、体温の上昇を助けてくれる作用があると、薬剤師さんからうかがった事がある。
腸内のお掃除をして腸内温度も上げてくれるから、腸内免疫も活性化されるし、今回の林檎葛練りは林檎の整腸作用とのあわせ技で身体を癒してくれるんだね。路傍の地固めにも使われているあの葛。身近にある貴重な植物。)


その後、頭を冷し、ふとんをかぶって3時間ほど爆睡。

それから汗がどんどん出だして、解熱した。

なんとか峠は越えたよう。

インフルエンザ流行中なので学校側から促されるかたちで、今朝、病院に行った。
娘の中学の校区内にある病院なので、最近熱発でやってくる子どもが多いそう。

薬をのんでないのに解熱したとお話したら、目を真ん丸くされていた。
とりあえずは、咽頭炎ということで、様子を見ることに。

まだ咽喉の奥が赤いので、油断はできなけれど、本人が元気なので
「治れ治れ」と呪文をかけながら、今日も林檎葛練を作ってやった。

解熱した本人にとっても、林檎葛練りは秘薬になった模様、笑。

(娘の病気に実際効いたのかは定かではありませんが、美味しい食べ物なので、病気で辛い時には食べやすくおなかがほっこりします、葛練。)

関連記事  風邪のお手当て
http://puruna.blog.shinobi.jp/Entry/104/

セキがあるときは
http://puruna.blog.shinobi.jp/Entry/102/
PR
 2007.11.04.20.46の旧ブログ記事より転載

 風邪の手当て      
 *平素から風邪を引きにくい体作りを心がける。
 *暑い夏の頃から水分の過剰な摂取に注意
 *暴飲暴食を慎みよく噛み(過食を抑制でき胃腸のためにも良い)、過労、睡眠不足に注意。
 *子どもの場合、保護者が手で子どものおでこ、首、耳の下、わきの下、おなか、腰、膝の後ろなど、を触って普段から夫々の体温を知っておくと発熱時どこに湿布すればよいかわかり役立つ。 インフルエンザなど予防接種をする場合は、体調の良い時を選ぶ。
  *梅醤油番茶を朝空腹時に飲用していると、副反応が出にくい体作りに役立ちます。
  *朝食に焼餅(玄米餅が良い)を味噌汁に入れて食べると、風邪予防につながり、
    インフルエンザの流行時期にはニンニクを調理に利用すると良いと 桜沢先生がおっしゃっていたそうです。
 *蓮根が採れる季節になったら、努めて献立にくわえる。肺・気管支の働きを助ける効果    
 *ミカンを皮ごと黒焼きにしたものの中身を食べると、喉の痛みにいいそうです。
 *風邪をひいたとき、湿布を効果的に使えば症状もかなり楽になります。
  高熱時には豆腐パスターをのどか扁桃腺もしくは肺の周りなど(風邪の原因になってるところは、 普段に比べて特に熱を持っているのでそこを見つけて、この湿布をしてやると楽だし、体の自然治癒力をうまくひきだしてやれるそうです。(心臓や臍の上には当てないこと!!)
          
 作り方は急場なので豆腐を荒くつぶして少しの間ざるにいれて水分を落とし、あと豆腐と同量くらいの小麦粉と塩少々、生姜豆腐の1割分摩り下ろしたものを混ぜ、
 耳たぶ程度の硬さにして、1.5センチくらいの厚さにします。
 ガーゼで包み患部に当ててあげます。
 豆腐は腐りながら患部の熱を奪っていきます。
 目安は市販の豆腐で1.5時間くらい、昔ながらのいいお豆腐なら3時間近くで取替えます。
が、それより早い時間で発熱の具合によってはパスターが黄色くからからになってきたら、取り替えてやります。
 これは37度くらいになったら、やめないと下がりすぎるので要注意です。
         
 食事では椎茸の戻し汁も解熱に効果があるとかで、これでおかゆさんや、スープ作ってあげるといいようです。
 また漢方薬で地龍((じりゅう)・・・干しミミズの粉末)、または生きたミミズ(内臓をしごいて出しておく)を刻んでお粥に入れる。(生ミミズは試したことがありませんが(^^:)地龍は粉末状になっていて、
 原型をとどめていないので薬として飲めます。(^^:))
 ミカンの皮の干したもの(陳皮)をお粥にいれるなどといった方法もあります。
 それと高熱の後、予後が良くなるように
 大根のタイタン、一切れ程度、昆布と共に小豆を爪で押してつぶれる程度まで炊いて薄い塩味にしたお汁(昆布だし塩味のおぜんざいと思ってください)とかが腎臓を助けてくれるそうです。
 うちの娘の場合、炒り玄米クリームや蘇生源スープを飲ませてやると、体の不調が調整されるのか 直りが早くなるようです。
   
  ただ、これにあわせて甘いもの果物ジュースといった比較的陰性なものを多食していたのでは、これらのものは食薬としての効果は発揮できません。
  
 まず、食の陰陽のバランスを整えて、良く噛んで食べることが肝要です。
それと、お医者さんにも診断を仰ぎ、西洋医学と東洋医学、食養生の知恵を上手に生かして
          病からの早い回復に努めましょう!!


閉止したホームページよりの転載分shourenkontou1.jpg







まず、蓮根の節ごと(青線のあたりが、薬効の強いところです。)すり卸し
(ひげ根も捨てないで使います。)
shourenkontou3.jpg






そのすりおろしたものを絞り、盃一杯と塩少々(おいしいと感じるくらい)
、しょうが汁1~2滴を入れ、
shourenkontou4.jpg







お湯をさして温かいうちに飲みます。咳止め、タンきり、喘息、などに良いと言われています。
ただ効くからと言って、長期連用すると身体がそれに慣れてしまい効かなくなるので、
連用するのは3日くらいにしたほうがよいそうです。

shourenkontou2.jpg




 

また、蓮根の切断面が切って暫らくすると紫色になる物を使う時は、
少量本葛粉も足してやります。
紫色になるのは、化学肥料を使用しているからなんですが、
最近はこの情報が結構広まっていて、
紫にならないように更に薬品処理をしている物も出てきているそうです。
信頼できるお店、生産団体でできるだけ買ったほうが良いようです。
 それと、蓮根の節から節が短くて(長くないもの)、切断面の穴もできるだけ丸いもの(楕円ではなく)
を選んだ方が良いそうです。
これは蓮根が育つ水深と関係するそうで、深い物ほど水圧がかかり(より陽性な蓮根、薬効もより強い)、
丸い穴で小さい物になるそうです。今作られているもののほとんどは、畑蓮根と言って浅い所で育つもので、
大きく育ち、穴も楕円になるそうです。
買うときの目安になると思います。(これも最近、畑蓮根で小さくなる品種が出てきてるとか(苦笑))
⑥後、蓮根の節の部分を薄くスライスして干し、それを粉にして、軽く炒って冷凍しておくと
(コーレンの名で自然食品店に売っている物。)

shourenkontou5.jpg







端境期で蓮根のいいのが手に入らない時にこれをお湯で煮出して上澄みを飲むという方法もあります。
2007.11.13.23.48の旧ブログより記事より転載

♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
最新CM
[11/05 なごみ]
[11/03 みっこ]
[11/03 みっこ]
[11/02 なごみ]
[10/31 みっこ]
[10/31 小豆]
[10/31 みっこ]
[10/31 なかなか]
[10/30 みっこ]
[10/30 ペロリ]
プロフィール
HN:
みっこ
性別:
女性
趣味:
料理・旅行・ガーデニング
自己紹介:
自給自足・愛犬と自由に走り回れる庭のある家を夢見ています。
野菜好きで玄米好き♪
インド滞在時にヨーガ修行僧から教わったインド料理なども時には作って楽しんでいます。
棚田むすびの会に参加して、棚田にてお米作り中♪
正食協会マクロビオティック料理研修科終了

(記事・画像の無断転載お断りいたします。)
















にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
リンク
ブログ内検索
忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
バーコード
Copyright ©  稲の穂ダイニング(今日の良かった♪)  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]