忍者ブログ
70%主婦x20%料理教室講師のタマゴx10%ファーマー そんな みっこの進化系ブログです。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMG_5722.jpg




























高黍ハンバーグが、大好きな娘。
中学生になったら、お弁当には、絶対入れてね。
と嬉しいリクエスト。

まずはお弁当箱、選ばないとね♪



PR
卒業制作発表会が、終わって、ぼーっとした日々が続いていました。
お料理といえば、たくさん炊いた五穀の消費。

牛蒡の養老煮を天麩羅にしてみたり。
五穀と蕪のすりおろしでとろとろシチューを作ったり。

ypmogicake.jpg











おやつにはよもぎとひえが入ったケーキ+くるみ
kurumabustake.jpg












そしてこんばんは葛粉を醤油味の昆布だしでといて漬け込んだ車麩のステーキ
上に稗と赤レンズ豆・味噌・胡麻ペーストのソースをかけて焼きました。

炊いた五穀を冷凍ストックしておくと、すぐに使えて、いろいろアレンジが楽しめます。

さて明日は、何を使おう。

次年度もまた学びの続きに行きます。
今度は指導法を学ぶ為に研修科に

できるのか  わたし

顔晴るよ  わたし^^
kaburamusi.jpg











料理教室の卒業制作を控えて、なんだか気忙しいこの時期に
家具の大移動。
昨日は夜中の2時まで米飴作りをしながら、
家具の移動、ガラクタの整理。

さすがに前日朝からやり続けていたので、午前2時ともなると、ふらふらになって、腰がきかなくなってきたので、就寝。

朝は朝で海ちゃんに引きずられてお散歩。

そんなこんなで、ママ友Iさんには、玄米の炊き方だけ説明のはずが、お料理まで手伝わせてしまいました。
ごめんよIさんあせあせ
彼女にはすり鉢ですりすりを担当してもらいつつ、野菜を切りながら、玄米御飯の説明をしました。

もう料理教室状態。^^

平和とフィスラーの圧力鍋で、3合づつ炊飯。
新参者のセンサーコンロ君は、実力を遺憾なく発揮(?)
圧力かけてる途中でしっかり、消火、涙。

そんなこんなで、ちょっとおこげ強めにはなっちゃいましたが、なんとか御飯も炊けて、食べ比べをしてもらいました。

おうちの人にも試食してもらえるように、炊いたごはんも少し持ち帰っていただきました。

3日前から切れ切れだけれど30時間煮続けた、牛蒡の養老煮も食べてもらいました。
梅と水と火だけでこんなに牛蒡が甘くなるのかとびっくりのご様子。

陰陽を調和させて、牛蒡のあくけを旨みに転じるんだよと、マクロビの勘所を説明させてもらいました。

理路整然とした講釈は、私のもっとも苦手とするところ。
でも実学であるマクロビオティックは、お料理や現実の生活を引き合いに出して、説明できるので、口下手な私の話にも、熱心に耳を傾けてくれました。

いったん、お料理を人にお出しする形に出来た事で、私に足りないものが見えてきました。

教えるという行為は、決して上から目線のものではなく、自分の知り感じている事物を客観的に見直し、自分の不足する点を、教えていただける相互交流の機会なのだとつくづく感じました。

しばらくはこうやって、興味を持ってくださった方を、自宅にお招きして、料理教室が出来ればいいな。

その為にも、もっと切磋琢磨♪

外から人に来ていただくことで、私もお掃除がんばれるし(苦笑)。家を模様替えしながら掃除して、澱んでいた気が一掃され、すーっと爽やかな気が通って、なんだか、運気が向上したような気がします射手座
海都の内弁慶も緩和されるかも
わーい(嬉しい顔)

昨日、柴犬・海ちゃんは、2階で警備活動をお願いしていました。
Iさんが、来た時には3分ほど、わんわんと警報(?)を鳴らしていましたが^^
あとは大人しくおりこうにしていてくれました。
写真は防犯訓練中の海ちゃんです^^
a486d942.jpeg




















applepie.jpg
























久方ぶりでアップタルトを作りました。

林檎はまわし切りにして、さっと塩水にひたして、鍋に少量の水とシナモンスティックと共に移し、火にかけ、水分がでてきたところで、甜菜糖を入れて、透明感が出てくるまで蒸し煮。仕上げまじかに、レモン汁をしゅわっとかけて軽く混ぜてできあがり。

ガスマットのおかげで、こげもせずにできましたわ。

ことこと炊いている間に、タルト生地作り。
強力粉と薄力粉半々と塩少々を混ぜて、ふるいにかけ、オリーブオイルをいれて、手でスリスリしながら、粉になじませ、冷蔵庫に30分ほどいれて、粉と油が馴染んだところで、豆乳を投入。
さくっと混ぜて、めんぼうで伸ばし、油をひいた耐熱皿にのせ、フォークで生地にぽつぽつと穴をあけ、オーブン170度で焼き始めました。

するとそこに、娘が予定より1時間半はやく帰宅。およよ。
やむなくタルトの焼き時間を短縮。
この焼き色はタルトではない。

んじゃあ、パイにしようってことであたふたと継ぎ足しの縁取り。
この前作った米飴を焼けた生地の底に塗って、林檎を並べて、いそげいそげで200度15分焼きました。



やっぱり、心の動揺がパイにでた・・

まあ、娘が満足してくれたし、よしとしよう。

 

5dbaa09b.jpeg

























100939fe.jpeg

























朝のわんこ散歩で外にでると、驚くなかれツートンの空。
山の上に重たげにかかる真っ白な雲その上には真っ青な空。
電線が邪魔で、電線のないところまで歩いていっている間に、雲はバラけてしまいました。
残念です。

今日は未明から雪が降ったようで、そこここに薄く雪のベールがかかっています。

家に帰ってからは、娘とお菓子作り。


a8198a3f.jpeg


























薩摩芋を蒸してマッシュし、この間作った米飴と豆乳を混ぜてコシキで漉し、それを搾り出して
スィートポテトにしました。
この間から作りたいとリクエストがあったので、やっと約束を果たせました。

小さな頃から、2人でこねこねしたり焼いたりして遊び感覚でお菓子を作ってきました。
料理って楽しいな、食べ物ってこうやって作るんだって知って欲しいと言うのもありました。

中学に入ったら、部活で忙しくなってそんな時間も取れないかしら。

きっと娘が成人した時に、娘にも私にも宝物になる思い出だなあ。

といいつつ、今日もスィートポテトを2個食べちゃった。

昨日は久方ぶりに服を買いました。
胸元にかわいい花の刺繍のあるセーターとシルエットが美しい(らしい)ロングスカート。
私が着るとお腹がぽっこりしてる・・・いいいつの間に(今まで気付かぬふりしてただけさ)・・・このお腹・・・

毎日、ワンコと一緒に1~2時間は歩いているんだけれど、出てるお腹は犬にひきづられている歩き方では改善されないね、とほほ。


そして今日の炊飯記。
高島米がとうとうなくなり、今日から青森産のあきたこまち
高島米よりもこころもち粘りがあるような食感です。
炊き較べもまた振り出し。
今日は3時に目がさめたのでお米3合を浸水。
6時から炊き始めました。
蓋をしないで、湯温が上がったら蓋と錘をして炊飯。
炊き上がってから鍋カバーで保温して蒸らし時間の温度をあげてみました。
蓋を開けた時に確かにお米のべちゃべちゃ感が少ないみたい。(by中川さん)
さすがプロは違う。
といいつつ、まだむそう塾行った事がありません。
行けるチャンスが訪れるのだろうか・・・・・
まあ、地道に毎日御飯は炊きましょう。
そして良く噛んでたべるのだ。




IMG_5583.jpg
























またちゃんとヨーガアーサナもしよう。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
最新CM
[11/05 なごみ]
[11/03 みっこ]
[11/03 みっこ]
[11/02 なごみ]
[10/31 みっこ]
[10/31 小豆]
[10/31 みっこ]
[10/31 なかなか]
[10/30 みっこ]
[10/30 ペロリ]
プロフィール
HN:
みっこ
性別:
女性
趣味:
料理・旅行・ガーデニング
自己紹介:
自給自足・愛犬と自由に走り回れる庭のある家を夢見ています。
野菜好きで玄米好き♪
インド滞在時にヨーガ修行僧から教わったインド料理なども時には作って楽しんでいます。
棚田むすびの会に参加して、棚田にてお米作り中♪
正食協会マクロビオティック料理研修科終了

(記事・画像の無断転載お断りいたします。)
















にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
ブログ内検索
忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
バーコード
Copyright ©  稲の穂ダイニング(今日の良かった♪)  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]