忍者ブログ
70%主婦x20%料理教室講師のタマゴx10%ファーマー そんな みっこの進化系ブログです。
 83 |  82 |  81 |  80 |  79 |  68 |  62 |  61 |  60 |  59 |  58 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

talasomamai2.jpg


























先日、出かけた農業イベントhttp://puruna.blog.shinobi.jp/Entry/61/

主催者のなかなかさんのネットショップから、たかしま 生きもの田んぼ米を送っていただきました。
http://blog.uedabeikoku.shop-pro.jp/
そして今日のお昼ごはん用に玄米で炊きました。
浸水時間は1時間。米100に対して130の水。塩少々
中火の強い目の火加減でたき始め、錘がⅡまであがってから20分間弱火でやさしく炊いて、
自然に蒸気を抜いて、ふたを開けたものがこれ↓






takasimamai1.jpg 



























takasimamai.jpg





















おいしい御飯です^^

お味は普段食べている、京都(コシヒカリ)高知(コシヒカリ)や秋田(アキタコマチ)の有機農法米よりも甘さがほの甘・さっぱり系。お米が自分の味を主張しない分、おかずの味が引き立ちます。
高島のお米で寿司飯作ったら、とてもおいしそう。
そうそれと、前にレイハネさんに送っていただいたサリクィーンともお味がにているかも。
http://puruna.blog.shinobi.jp/Entry/67/
ということは、インデアンディッシュにもあったりして。

先日放映された、「ガイアの夜明け高いものにはワケがある
~消えゆく ニッポン伝統の味を守れ~
」を観ました。
お米作りに精魂傾ける農家の方々の熱意が伝わってきました。

この間、お会いした若手の方々が、背広をぴしっと着こんで、米穀店に商談に行かれます。
作るのも販路開拓も自分達の手で、大変な事です。

そこに出てこられたのが、上田米穀店の上田さん。
安心安全なお米。手がかかる分、お米の価格設定も自ずと上がってしまいます。ただ、店頭に並べているだけでは、なかなか売れない値段。その現実を上田さんから告げられて、伏目がちになる農家さん達。
 テレビの放映ではそこから大阪でのイベントで頑張る農家さんの姿が映し出されますが、実はその後、そのお米をその価格で売るための手立て、アドバイスを上田さんが親身になってされたそうです。 テレビの編集の都合でしょうがそれがカットされて、シビアな米穀店に映ってしまっているようで残念でした。(そのへんはなかなかさんのブログに詳しく書かれています。)

 私も以前、自宅の改装でテレビ取材を受けた事がありました。その時は改装前の家の映像の照明が若干暗く、改装後が若干照明が明るくなっていて、前がよりみすぼらしく、後がよりきらびやかに映されて放映され、情報というものは、まるまま信じたらダメだという感想をその時持ちました。

 農家さんの丹精込めたお米を消費者に届けようとするお米屋さんの心意気。それも映して欲しかったなあと思いました。
 テレビ放映ではイベント会場で頑張るイケメンさん達の姿が映し出されます。やはり立ちはだかる価格の壁。そこで考え出されたのが、高島生き物田んぼ米の稲藁と高島産の有機農法大豆で作られた納豆とのコラボ。
その納豆のおいしそうなことときたら・・・
醤油無しで、納豆食べちゃうくらい好きな娘に見せたら、すぐにでも高島に飛んで行っちゃいそうでした。 笑
 ただ、そう思ったのは、私だけではないようで、すでに売り切れちゃったそうです。残念だな。

お米の価格、有機農法のお米だったら、適正だと思いました。

美味しい御米が豊作で沢山の人が買ってくれます様に !!



PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
ありがとうございます
こんばんは。
ガイアの夜明け以来バタバタして、すっかりごぶさたしてしまいました。

たかしま生きもの田んぼ米のレポートありがとうございます。

おいしいですよね。
なんか今までのものと違って、柔らかく優しい感じなんですよね。

「癒し系玄米」と呼んでいます。

みっこさんはいち早く買われて正解でしたね。

もうほぼ完売で、米屋の私も手に入らなくなってしまいました。

今日最後の一袋を食べて、もうおしまいです。

なくなるとなるとまた食べたくなりますね(笑)大事に召し上がってくださいませ。
なかなか URL 2008/12/10(Wed)23:37:34 編集
完売!
なかなかさん>
先日はありがとうございました。
それにしても、マスメディアの力は大きいですね。

これがご縁となって、リピーターが増えて、米農家の方々のやりがいを支えるものとなればいいなあと思います。

このお米のよさは、日を重ねるごとにわかります。
謙虚なお米ですね、誰かさんみたい^m^

なかなかさんの、食べられる分まで売れちゃったのですね。ありゃ大変だ!
これは大事に大事に戴かなくては。
みっこ 2008/12/11(Thu)10:58:29 編集
無題
やっぱおいしいな
高橋英揮 2009/06/17(Wed)20:13:40 編集
はじめまして
高橋英揮さま、
はじめまして、ご訪問ありがとうございます。

はい、おいしいですね^^
みっこ 2009/06/17(Wed)20:39:14 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
最新CM
[11/05 なごみ]
[11/03 みっこ]
[11/03 みっこ]
[11/02 なごみ]
[10/31 みっこ]
[10/31 小豆]
[10/31 みっこ]
[10/31 なかなか]
[10/30 みっこ]
[10/30 ペロリ]
プロフィール
HN:
みっこ
性別:
女性
趣味:
料理・旅行・ガーデニング
自己紹介:
自給自足・愛犬と自由に走り回れる庭のある家を夢見ています。
野菜好きで玄米好き♪
インド滞在時にヨーガ修行僧から教わったインド料理なども時には作って楽しんでいます。
棚田むすびの会に参加して、棚田にてお米作り中♪
正食協会マクロビオティック料理研修科終了

(記事・画像の無断転載お断りいたします。)
















にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 京都風景写真へ
にほんブログ村
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
忍者ブログ
カウンター
フリーエリア
バーコード
Copyright ©  稲の穂ダイニング(今日の良かった♪)  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]